拍手コメントへのお答え

ここでは、拍手コメントへのお答え に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは


とり急ぎ 満月ベリー記事の
拍手コメントへのお答えです


ご質問は
「スカート丈の説明にある
四股と開脚ってどういう…?」



すみません
わかりにくいですね
絵を載せます


四股と開脚


右が「四股」の形
左が内腿を伸ばす「開脚」
という感じです


ベリーのウォーミングアップで
一番 体操っぽいところです


ラジオ体操ができるスカート
と思ってみてください



短いとパンツ見えちゃうので(^-^;
あと 裏地にスリットが
深めに入っていないと
脚が開かないことがあるので
お気をつけください


下にトレンカ等はいてもOK
夏は暑いですが
涼しくなってきたので
いいかもしれません


…という感じです


開脚といってもフロアに座って
ぐいぐいストレッチとか
するわけではないので
ご安心くださいね♪


どうぞよろしくお願いします<(_ _)>
スポンサーサイト
こんにちは


とりいそぎ
拍手コメントのお返事2つです♪


●夏休みに上京する方へ


毎年 まとめて
面接やオーディションを
こなす方が多い時ですね


がんばってください(^o^)丿


かんたんな身体のヒント
たとえば…


目が後頭部にあると思って
そこから審査員を見てください
視覚野(脳のなかでほんとに
画像が映っているところ)
をちゃんと使います


えもいわれぬ魅力
…空気感というのかな✦
がでてきます


理由は
機能を正しく使ってもらって
身体がやすらぐから


やすらぐと
パーソナルスペースが増します
抱えられる(支配できる)空間が
大きくなります
存在感もup♪


ある意味
パフォーマンスというのは
空間認識のこと
なんですね 
目に見えないところが大事


私たちは ふだん8割がた
視覚にひっぱられています
前しか認識していないことが
多いんですね


男性からのご質問なので
とくに注意するならば…
男性の方は
後ろがガラ空きのことが多いです


前にだけ過剰にエネルギーを飛ばす
熱い…暑くるしい?? 
歌とかお芝居とかダンス
わりと 男性の方がやってます
(そして不合格に…(._.))


なので
目を後ろにもどしてあげてください
だいぶ 落ち着きますよー♪


メンタルのヒントは…


いろいろですが
文面からおススメしたいのは


「オーディションは親切運動である」


と思ってみてください


これも 認識なのですが


自己PRの場ではなく
審査員の方々への親切運動だ と


向こうが役に適した人を選ぶのを
助けに行っているのだ と
思ってみてください


人助けの喜びを 嚙みしめながら
味わいながら その場にいてください


落ちても受かっても
親切な行いをして ちょっといい気分
身体が歓んでる♪ という感覚です


ごきげんな身体で その場にいる
それだけです


理由は
フィジカル・アートとは
歓ぶ身体を観るもの

だからです


それを見せてもらえると
審査員は 選びやすいのです
今回の役に合うタイプかどうか


じっさい
そこを見せせないまま
落ちている方がほとんどかと


「落ちた」というより
「審査を受けてない」んですね
審査の対象になりそこねて…(:_;)


きちんと対象になったなら
役に合っていれば受かりやすいし
落ちてもタイプが明確なため
「主人公じゃなくても友達役で」
というセカンドチャンスなどが
得られやすいです


相手の記憶に残りますから
つぎのオーディションに
呼ばれやすくなります
「今回はあいつなんかどう?」と


↑リベルテでは
ここまでをひとつの目安にしてます
安心してガンガン落ちてもらって
ディレクターやプロデューサー等の
リピーターがつけばおめでとう~♪
名付けて
「雪だるま式必勝法」(‘ω’)ノ


おかしなことに
これで受かっちゃう人もいます
(特にすすめてはいませんが)↓


ふてくされてたり 投げやりだったり
もー帰りたい…とか くらーい性格
つきそいで来ただけなんだけどー
というのを まんま出す
(小泉今日子さんもつきそいだったかな)


なぜなら これもある意味
身体が歓んでる状態なんですね
よく見られようとムリしていたら
できないことなので


対策は
人により時期によりますが
(コーチングで一番だいじなのは
タイミングです)


Kさんは「親切運動」が
合っていそうな気がしました(^^♪


あくまで ヒントです


自分の信ずるところが別にあれば
もちろんそれに従ってください
正しいかどうかは気にせず
堂々と のびのびと
いちばん身体が歓びます


それでは 夏休み上京組のみなさま
楽しんでくださいね 
よき出会いをお祈りしてます (^o^)丿


拍手コメントその2は 
卒業した方から頂きました<(_ _)>


川崎市制90周年記念事業
「岡本太郎とアール・ブリュット-生の芸術の地平へ」展

について


「三上さんがこんなに強く勧めるのは珍しいから行ってみたい」
と驚かれました(^-^)


そうですね… 「べき」って言葉
リベルテで使ったことありませんね
オフで友人に
「あんたあれは観とくべきだよ~」
とかくらいかな(^-^;
書くときちょっと
気恥ずかしかった気が☆


この仕事は中庸をゆくというか
バランスをとる作業がメインなので
とくに芸能界なんて
アンバランスきわまってますから(^_^;)
自他を踏みにじりたくなければ
バランスを意識することになります
いつもニュートラル
「べき」とか言わない

最初のチェックシートの絵を
持ってる方は見直してみてください
「車輪の大小は気にせずに」
とお伝えしたと思います


いくら大きな車輪でも
欠けがあればガタつきます
小さな車輪でも
滑らかならすいすい進みます



かくいう私も
もう何年も生活レベルで
義務が突出しすぎアンバランスです
(だめじゃん!)


というわけで


今日から少しの間
猫をはんぶん看てもらいます


つかの間の自由…('ω')ノ


ブログも書けるー お茶もできるー
片付けも あ 仕事の資料整理もー
(すでにちがう…)


まずはWSで遊んで参ります♪


みなさまも良き夏休みを(^o^)丿


美術展はほんとうにおすすめです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。